スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【震災】福島50(Fukushima 50)

震災発生から11日目。

未だ安否不明者が多い中、おばあさんとお孫さんが生きて見つかったという報道がありました。
こうして今もなお救出を待っている方が他にも沢山おられることを信じて被災地で救助活動されてる皆さんに
「あきらめない」気持ちで作業にあたっていただきたく思います。

当店でも募金箱を設置いたしましたが連日数多くの方々の善意を頂いております。
自分の事のようにありがたく感じております。

「ありがとうございます。」

即席で作った紙の箱の募金箱は皆さんの愛で満ち溢れています。
ちゃんとした募金箱も発注しているのですが、販売元からのメールで現在注文が殺到しているらしく
注文順にフル稼働で生産しているが追いついていないとの事。
日本が一つになって復興しようとしている証拠です。何時まででも待ちますよ^^
針金で支えているのですが、重たくて落ちそうになってますから、それまでにななんとか^^;

当店でバイトしている中国の方。
今度、給料頂いたら5千円募金したいって言ってくれました。
自らの生活がギリギリなのに、その気持ち本当にうれしいです。

震災直後、アフガニスタンが義援金5万ドルを支援表明して頂きました。
内戦で厳しい時にもかかわらず、また国民の殆どが1日あたり2ドルという生活水準だそうです。
この5万ドルという価値はとてもとても大きな愛ですね。

国内だけではなく世界中からこんなにも大きな愛を頂いている日本。そして日本人。

間違いなく復興できます。

一日も早く復興して恩返ししなければ。

タイトルの事、書きたかったのですが脱線してしまいました。

「福島50」

ご存知のように福島第一原発に命を賭して作業されている方をそう呼ぶそうです。

日本国に対する自分の役割、将来の子供たちへの責任。自己の仕事に対する使命感。

私たちは貴方達の勇敢な行動を一生忘れません。
会見の時流された涙を一生忘れません。

まだ予断は許しませんが、貴方達の行動で多くの人々の不安が取り除かれました。
不安の霧が晴れた先に希望の光が見えたとおもいます。

「本当にありがとうございました。」




海外の主流メディアは、福島原発で、決死の覚悟で高濃度の放射能を浴びながらの作業を志願した男たちのことを、「Fukushima 50」と名付けました。そして、彼らの魂をカミカゼ(KAMIKAZE)と呼んでいます。
この英雄たちのことを、「サムライ魂の男たち」と呼んで、「彼らがこのような尊い行動に向かって行くことができるのは、日本がカミカゼ(KAMIKAZE)を生み出した国だからだ」と賛美しています。

http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-381.html

http://en.wikipedia.org/wiki/Fukushima_50 


by BVLGORI
スポンサーサイト
プロフィール

珍遊本店

Author:珍遊本店
中華そば専門 珍遊
↑ホームページへGO↑

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Twitter【一乗寺本店】
 
Twitter【河原町六角店】
 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。