FC2ブログ

秋の一乗寺だより

言わずとしれた、宮本武蔵ゆかりの地「八大神社」のすぐ近くにある、

詩仙堂 」(しせんどう)

は、これからの季節にオススメの観光スポットです。


iriguti.jpg


徳川家康の家臣であった「 石川丈山 」(じょうざん)が作庭し、

33歳で隠退後、没するまでの三十余年をすごしたとされる庵です。



石川丈山は「 庭づくりの名人 」というだけではなく、

煎茶の開祖 」とも言われています。


また、鹿や猪を追い払う為に使われる「 ししおどし 」も、丈山が初めて庭園に取り入れた、と言われています。


「ししおどし」は、京都らしい風流なもの、とみなさん当たり前のように感じているその感覚は、

まさに、丈山が計算して創り上げた世界を身をもって体感している、良い例だといえるでしょう。




kakitubata.jpg


私が訪れた時は、まだ夏になる前の梅雨どきで、

曇り空の中、時々霧雨になったり、

観光には残念な気持ちになるお天気でしたが、


一歩、境内に足を踏み入れると……




そこには、 ししおどしの音が厳かに響く別世界がありました
(HPより引用 http://www.kyoto-shisendo.com/promenade.html )





一年365日、

どの季節でも、

どんな天候でも、

綺麗に手入れされた素晴らしい唐様庭園の景色が

見事に東山の木々と調和し

四季折々の花と緑と白砂、そして、風雅なししおどしの音が、

非日常の世界を味わわせてくれます 。



私が訪れたのは15時ごろ。

ひとっこひとりおらず、まさに貸切状態

……………なんて贅沢なんだ。


と、思いきや、お庭にたくさんの メンズ がっ

ただのメンズではありません。

ニワシさん達です。


niwasi.jpg


滅多にない機会だと思い、

失礼とは思いながらも、

お庭の手入れをガン見 。



彼らはプロでした。

※ほんの少しだけ、さつきの木を刈り込んでは、

遠くに離れて、チェック。様々な角度からチェック。

チェック、チェック、チェック。

※へ戻る。


この作業を何度も繰り返し、あの見事なお庭が完成されるのですね。



まだまだ、詩仙堂の魅力は語り尽くせませんが、

続きは是非とも、実際にその場所へ訪れて体感してみて下さい。


プロの仕事、、、


と言えば、


珍遊本店の中華そばにも、プロの仕事が生きています。


ブログを見ている、「あなた」のご来店を、お待ちしております!


by ふんちゃん
スポンサーサイト
プロフィール

珍遊本店

Author:珍遊本店
中華そば専門 珍遊
↑ホームページへGO↑

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter【一乗寺本店】
 
Twitter【河原町六角店】
 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking